子供とディズニー

【ディズニーランド】子供(幼児・赤ちゃん)でも乗れるおススメアトラクション!

おのたく
おのたく
ど~も!おのたくです。


ツィッターアカウント☞@onotakublog.

この様な疑問にお答えいたします。

「ディズニーランドに行きたいけど子供が楽しめるか分からないから行ってない」

そんな思いでいる人も多いでしょう!

確かに子供がいると「ビッグサンダーマウンテン」や「スプラッシュマウンテン」などの絶叫系には乗る事ができません。

しかし、実際には0歳から乗れるアトラクションも数多く、それだけでも子供も大人も十分に楽しむ事ができます。

それにアトラクションだけで無く、ショーや買い物、グルメだって十分に楽しめるのがディズニーランドの魅力でしょう!

おのママ
おのママ
我が家では子供が出来てからも毎年10回以上はディズニーランドに行っています!

我が家では現在2歳と0歳の子供がいますが、もう何度もディズニーランド・シーに通っています。

得に長男は1歳の誕生日からディズニーデビューを果たし、キャラクターやアトラクションに興味深々でした。

特に1歳半以降になると大分自由に歩ける様になった事もあり、勝手にアトラクションに乗りに行こうとしたりと、どんどんディズニーの魔力に魅了されていきました。

そんなディズニーランドをお子さんと目いっぱい楽しむには、まずはお子さんの状況によって乗れるアトラクションを理解する事が大切です。

この記事を読めば、

  • 乳幼児でも乗れるアトラクションがすぐわかる
  • チャイルドスイッチの使い方が分かる
  • 子供と一緒に楽しむ方法が分かる
  • すぐにディズニーに行きたくなる

このようなあなたになっている筈です。

是非最後までご覧ください。

ディズニーランドで幼児でも乗れるアトラクション

ではさっそくディズニーランドで幼児でも乗れるアトラクション一覧を見て行きましょう!

幼児が乗れるアトラクションにも条件があり、大きく分けると3つに分かれます。

  • 抱っこしたまま乗れるアトラクション
  • 一人でお座り出来る
  • 身長制限(90cmと102cm)

特に1番と2番の違いが分かりづらいと思いますので詳しく見て行きましょう!

抱っこしたまま乗れるアトラクション

下記のアトラクションはママやパパが膝に抱っこしたままでも乗る事が出来るアトラクションです。

おのママ
おのママ
抱っこしながらなので赤ちゃんでも安心ですね!
  • バズ・ライトイヤーのアストロブラスター
  • スティッチ・エンカウンター
  • オムニバス
  • ウエスタンリバー鉄道
  • ジャングルクルーズ
  • スイスファミリー・ツリーハウス
  • 魅惑のチキルーム:スティッチプレゼンツ”アロハ・エ・コモ・マイ!”
  • カントリーベア・シアター
  • 蒸気船マークトウェイン号
  • トムソーヤ島いかだ
  • アリスのティーパーティ
  • イッツ・ア・スモールワールド
  • シンデレラのフェアリーテイル・ホール
  • ホーンテッドマンション
  • フィルハーマジック
  • グーフィーのペイント&プレイハウス
  • チップとデールのツリーハウス
  • ドナルドのボート
  • ミニーの家
  • ミートミッキー

この様に数多くのアトラクションが抱っこしたままでも乗る事が出来ます。

ちなみに赤字のアトラクションは子供が泣く可能性のあるアトラクションです。

ホーンテッドマンションは当然としてもミッキーのフィルハーマジックが入っているのは意外でしょう?

実はフィルハーマジックは鑑賞中に風や水が急に出てくる為に、それにビックリして泣いてしまう子もいるのです。

おのママ
おのママ
うちの子も初めて見た時はビックリして大泣きしました、、

一人でしっかりと座れる様になると乗れるアトラクション

このアトラクションは抱っこで乗る事が出来ません。

子供自身が1人で座れる事が必須になります。

キャストさんがよく「5分以上一人で座れるお子様」と案内しています。

ただ最終的な判断基準は親の判断になる為に、本当は5分以上一人で座っていられなくても、親が「大丈夫」と言えば乗れてしまいます。

おのママ
おのママ
ただ、本当に子供が乗れるのか確認してから乗る様にしましょう。動きのあるアトラクションの為に何かあったら危険です。
  • モンスターズインク”ライド&ゴーシーク!”
  • カリブの海賊
  • ビーバーブラザーズのカヌー体験(イスに座って下に足が付けば)
  • キャッスルカルーセル
  • 白雪姫と七人のこびと
  • 空飛ぶだんぼ
  • ピノキオの冒険旅行
  • ピーターパン空の旅
  • プーさんのハニーハント(グレーゾーン)
  • ロジャーラビットのカートゥーンスピン

1人でしっかり座れる様になると、この様なアトラクションにも乗れる様になります。

ただプーさんに関しては公式アナウンスでは抱っこでは乗れない事になっていますが、「実際は乗れた」「赤ちゃんを抱っこしたままでもキャストに止められなかった」などの声も出ています。

1人で座れても注意が必要

ただ乗れる事は出来ても注意が必要です。

「子供が怖がって抱っこと言ってきても、座らせ続けないといけません!」

カリブの海賊は最初に少し落ちる所がありますし、モンスターズインクやプーさんのハニーハントは若干揺れが激しい所もあります。

そこで怖がっても抱っこする事が出来ません。

また子供によっては万が一安全バーから抜け出してしまう可能性もあります。

おのママ
おのママ
実は我が家では一度これで恥をかいた事があります。

ランドではなくシーでの話しです。

アリエルのマーメイドラグーンにあるジャンピンゼリーフッシュというアトラクションがあるのを知っていますか?

クラゲに乗って登ったり降りたりする子供向けのアトラクションです。

ウチの長男(当時1歳半)はモンスターズインクやプーさんのハニーハントなど、1人で座る系のアトラクションも楽しんで乗っていた為に「楽勝で乗れるでしょ!」っと思っていました。

しかし実際に乗ってみると、クラゲがフワッと上がっていく様が怖かったのか、急に泣き出して安全バーから抜け出してしまいました。

そのままイスに立ちママに「抱っこ〜」っと泣きついてしまったのです。

それに気づいたキャストさんがすぐに緊急停止して降ろしてもらう事が出来たので大事には至りませんでしたが、周りのお客さんやキャストさんに迷惑をかけてしまい申し訳無さと恥ずかしさがありました、、

おのママ
おのママ
降りた時にパパが半笑いで見てたのを見て殴ってやろうかと思いました!

おのたく
おのたく
、、、

身長制限のあるアトラクション

身長制限のあるアトラクションもいくつかあります。

主に絶叫系がそうですね〜。

90cm以上で乗れるアトラクション

  • スプラッシュマウンテン
  • ガジェットのゴーコースター

スプラッシュマウンテンが乗れるのは意外ですね~!

おのママ
おのママ
でも2歳の子供を乗せる勇気は無いな〜!

90cmですと2歳後半には到達してしまいますからね!

でも2歳児が乗ったら怖すぎてトラウマになりそう、、

またその他にも、

102cmから乗れるアトラクション

  • スペース・マウンテン
  • ビッグサンダー・マウンテン
  • スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー

ジェットコースター系はやはり身長制限が高いですね〜!

またスターツアーズも102cmからなのは意外でした。

ディズニーシーにある似たアトラクションのニモのシーライダーは90cmからOKでしたので、ランドのスターツアーズも乗れるかと思ってましたが無理でした。

おのたく
おのたく
3〜4歳からは全てのアトラクションに乗れる様にはなりますが、子供によっては恐怖で泣き叫ぶ事になるかもしれないので注意が必要ですね!

チャイルドスイッチを使って親も目一杯ディズニーを楽しもう

アトラクションに乗車制限がある為に、家族で行くとある問題が発生します。

上の子がモンスターズインクなどの「一人座りが条件」のアトラクションに乗りたくても、下の子が1人座り出来ないと家族で乗れなくなってしまいます。

そんな時に役立つのが、チャイルドスイッチ(交代利用制度)です。

これは身長制限等でまだそのアトラクションに乗れない子供がいる場合、最初と後の2組に分かれて交代してそれぞれアトラクションに乗れる制度です。

例えば、最初はママと長男が先に乗って、パパが次男と外で待っています。

ママと長男が乗り終わったら次はパパが待たずにすぐに乗れるという物です。

チャイルドスイッチの使い方

使い方は、

  1. アトラクションの入り口にいるキャストさんに「チャイルドスイッチ」を頼む!
  2. チャイルドスイッチ専用のチケットをもらう
  3. 最初の組が乗る
  4. 終わったら次の組が乗る
おのママ
おのママ
簡単に説明するとこんな感じです。

ちなみに後の組が乗る時は、交代してすぐに乗らずに後にしてもオッケーとなっています。(2020年3月時点では)

また、全てのアトラクションでは無いと思いますが、後の組が乗る時はファストパスレーンとは別の更に早いルートから案内してもらえるので、本当に一瞬で乗る事ができます。

おのたく
おのたく
モンスターズインクで利用した際は、裏口みたいな所から入り、一瞬で乗り場までいけました!

チャイルドスイッチを利用する際の裏技も

「チャイルドスイッチって便利だな~」っと思うでしょう!

しかし、ある1点気になる事があると思います。

 

 

それは、最初にママと長男が乗ったら次はパパ1人で乗る事になるのです。

これではパパが寂しすぎますよね?

パパだって子供と一緒に乗りたいと思いますよね?

 

そんな時はパパともう一回長男が一緒に乗る事ができます!

最初にママと長男、次にパパと長男という乗り方です。

これならパパと寂しくないですし、長男は2回乗る事が出来るのです!

ただ絶対乗れるわけでは無い

ただこの方法は絶対乗れるわけでは無く、キャストさんの判断による所も大きいです。

止められる可能性もありますので、止められた際は無理強いはしない様にしましょう!

ちなみにキャストさんによっては「2回目にパパが1人で乗るのが寂しかったらもう一度長男と一緒に乗れますよ!」と、キャストの方から勧めてくる場合もあります。

子供(乳幼児)と一緒に楽しめるおススメのアトラクション

「乗れるアトラクションは分かったけど、実際に子供と楽しめるアトラクションはどれ?」

そんな疑問にお答えします。

0〜2歳児が乗っても楽しめるアトラクションを紹介します。

おのたく
おのたく
ただ個人の主観になるので、その点は注意してください。

絶対乗るアトラクション

まずは我が家では絶対に乗るアトラクションです。

むしろ子供が何度も乗りたがるので1日に2度、3度と乗ります。

それは、

  • バスライトイヤーのアストロブラスター
  • モンスターズインク”ライド&ゴーシーク!”

この2つです。

うちの子は謎にザーグが好きな為にアストロブラスターに何度も乗りたがります。

ブラスターの光線が的に当たってようがいまいが関係ありません。

銃を撃っている感覚が楽しいのでしょう!

またモンスターズインクも大好きです。

おのたく
おのたく
こちらも懐中電灯があったりと、おもちゃの付いたアトラクションが大好きです。

ただこの2つのアトラクションは人気な為に、待ち時間が出てきます。

土日だと特にモンスターズインクは90分以上の待ちもざらです。

ファストパスを取るか朝一に行くかしたい所ですね!

ほぼ乗るアトラクション

続いてランドに行ったら必ずでは無いけどほぼ乗るアトラクションです。

プーさん以外は比較的待ち時間も短いものが多いので、待つのが嫌いなお子様にもおススメです。

  • ジャングルクルーズ
  • 蒸気船マークトウェイン号
  • ウエスタンリバー鉄道
  • プーさんのハニーハント
  • グーフィーのペイント&プレイハウス
  • ステッチ・エンカウンター
  • イッツ・ア・スモール・ワールド

基本的にはここら辺のアトラクションを乗りつつショーを見たり食事したりしているとあっという間に1日が終わってしまいます。

フォトスポットとしてトゥーンタウンに行った際は、「グーフィのペイント&プレイハウス」がおススメです。

意外と知らない人が多いですが子供は楽しんでいます。

内容は、シーにあるトイストーリーマニアの様な銃を使って部屋をペイントしていくというものです。

おのたく
おのたく
並ぶ列にも良いフォトスポットがあるので、ママカメラマンにもおススメです。

子供とディズニーランドを楽しむ大事なポイント

最後に「子供とのディズニーランド楽しめるかな〜?」っと不安になっている親御さんに伝えたい事があります。

 

それは、子供に「予習」させてから行きましょう。

 

ミッキーも知らない子供が初めてディズニーランドに行って、楽しめるかと言ったらそうではありません。

初めてミッキーを見ても怖がってしまうだけかもしれません。

逆に、映画や本やおもちゃでディズニーの事を知っているとリアクションが段違いです。

ミッキーやプルート、ドナルドなどのキャラを知っているか知らないかで子供の楽しみ方が何倍も変わってきます。

うちもミッキーのアニメやディズニー・ピクサーの映画を事前にしっかりと見せ、予習しました。

おのたく
おのたく
またyoutubeも良かったですね!ディズニー系のYOUTUBERの「あいにゃんチューブ」や「ディズニー大好きうえちゃんTV」などは効果的でした。

と予習をしていく事で、子供自身もより楽しめますし、子供の好奇心を強烈にくすぐっている事でしょう!

長くなってしまいましたが、最後までご覧下さりありがとうございます。

ステキなディズニーライフをお過ごし下さい。

 

 

子連れで行くディズニーの持ち物リスト→あると便利から必須な物まで!

あなたのイメージコンサルタント
おのたく
ど〜も!おのたくです。 コミュニケーション能力を上げれば人生は必ず好転する!それを基に日々情報発信をしています。 今までにアパレル販売員→店長→営業→マネージャーと幅広い職種を経験してきました。 今ではマーチャンダイザーとして服作りを行いながらEC事業部の運営、企業の面接官・転職支援活動などマルチに活動しています。 おのたくブログではコミュニケーションを基にしたビジネス論、恋愛、子育ての役立ち情報などを発信しています!
\ Follow me /