転職

業務過多!なんでも仕事を押し付けてくる上司への対応策と改善方法!

おのたく
おのたく
ど~も!おのたくです。

ツィッターアカウント☞@onotakublog.

この様な疑問にお答えいたします。

 

「仕事量が多すぎてまともに休みも取れない!なんで私ばっかりに仕事を振ってくるの?」

私自身も昔経験があります。

上司が次から次に仕事を振ってくるから業務過多になり、毎日遅くまで残業したり、まともに休みも取れない状況になってしまっていました。

この記事では、そんな業務過多になってしまっている人を救うべく、私の経験談を交えて

  • 業務過多の辛さ
  • 業務過多になってしまう原因
  • 業務過多を改善する方法

などを解説していきます。

今この日本の労働環境の中で、業務過多になってしまうのは絶対におかしいです。

改善する為にも行動を起こしましょう!

ぜひ最後までご覧ください。

業務過多になった私の体験談

おのたく
おのたく
私が業務過多になった時は色んな役職の責任者になった時でした、、

当時わたしのメインの仕事としては、アパレルのマーチャンダイザーとして服作りを行っていました。

しかし、同時にECサイトの責任者やネット事業の責任者になった時は、一気に業務過多になり、まともに休みも取れない状況になりました。

業務過多の辛さ

業務過多になるとまず単純に体力的にキツイです。

毎日残業は当たり前、ろくに休みも取れず、久々の休みも体力的に疲れ切っている為にただ寝て過ごす様な毎日でした。

おのたく
おのたく
プライベートが無く、仕事の為だけに生きている様な毎日でした。

業務過多の辛さは体力だけでは無い

業務過多になってしまった時に感じたのは、体力的な辛さだけで無く「やりきれない感」でした。

色んな種類の仕事を詰め込まれていた為に、あっちの仕事をしたり、こっちの仕事をしたりと、仕事が中途半端になってしまいました。

全く違う仕事を同時進行するのは思っていた以上に難しく、ある仕事をしていて、違う仕事をしようとしても、「今どういう状況だっけ?」とまた一から確認したりと、非常に効率が悪くなってしまいます。

なぜ業務過多になるのか?

そもそも、なぜ業務過多になってしまうのでしょうか?

もちろん、人員が少ない為に仕事が回らないという事もありますが、現実はそれだけではありません。

私の場合もそうでしたが、仕事がある特定の人にだけ集中してしまう事があるのです。

仕事が出来る人に集中する

まず仕事が出来る人ほど業務過多になる可能性があります。

上司としても、仕事を任すなら出来る人に任せたいと思ってしまうものです。

「あいつに任せとけば安心だなぁ」っとつい同じ人にばかり仕事を振ってしまう上司は非常に多いです。

上司が仕事量を把握していない

おのたく
おのたく
自分で言うのもあれですが、私の場合は1番詳しいという理由で色々な仕事を押し付けられました。

その当時、社内では私が1番ネット事業やECサイトについて詳しかった為に、責任者に抜擢されました。

しかし、上司としてもそれがどれほどの仕事量で、どれだけ時間が掛かるかも分かっていません。

ただ「詳しいならお前がやってくれ」くらいの軽い気持ちで頼んでいました。

その為、この様に上司が部下の仕事量を把握しておらず、なんとなくでどんどん仕事を押し付けられ、業務過多になってしまうパターンが多いです。

業務過多になる人の問題点

ここまでの話しですと、「上司に問題がある」という話しでしたが、全て上司が悪いというわけではありません。

もちろん部下にも悪い点があります。

全てを100%でやろうとしてしまう

これは真面目な人ほど陥ってしまう事です!

全ての仕事を100%にしないと気が済まず、元から業務過多で忙しいところ、さらに自分を圧迫してしまいます。

また一つの仕事に時間を取られてしまう為に、他の仕事が全く手につかないことも多いです。

効率の良い仕事の仕方

おのたく
おのたく
まず100%を求めるのをやめましょう!

考え方としては、仕事は70%位の完成度で終わりにしましょう。

70%の完成度から100%にするのは非常に時間が掛かります。

0から70%にするよりも時間が倍近く掛かることも多いです。

それでしたら満遍なく70%にしていった方が効率、成果共に間違いなく上がります。

NOと言えない

また、NOと言えない人も業務過多に陥りやすいです。

仕事がいっぱい溜まっているのに、上司から仕事を振られると断れず、何でも受けてしまう人も業務過多に陥ってしまいます。

上司からしても、「あいつに言っておけばやってくれるだろう」と仕事を頼みやすい雰囲気が出来ている為に、どんどん仕事を振られてしまいます。

 

業務過多を改善する方法

では実際に業務過多に陥ってしまった場合にはどの様にして改善していったら良いのかを見ていきましょう。

改善する方法としては、大きく分けて

  • 上司に直訴する
  • 転職する

この2つしかありません。

業務過多を改善するには上司に直訴しよう

まずやる事としては、上司に直訴しましょう!

「仕事量が多過ぎです。とても回りません!」とキッパリと直訴しましょう!

大体の上司は、あなたが実際にどれほどの仕事量を抱えているのかを知りません。
知ろうともしない上司が多いでしょう。

だからこそ、まずはあなたが業務過多で悩んでいる事をそのまま伝える事が大事です。

上司は今後確実にあなたに配慮する

そうすれば上司によってはすぐに動いてくれるかも知れませんし、もしすぐに改善が見られなかったとしても、今後確実にあなたの仕事量を配慮するようになるでしょう!

言ってしまえば、あなたに仕事を頼みづらくなります。

そうなれば、あなたばっかりに業務が集中する事も減っていきます。

それでもダメな場合は転職しよう

「上司に直訴してもダメだった!」

「上司が怖すぎて直訴できない」

そんな場合の最終手段は転職しかありません。

無理してその職場で働いていても、改善する可能性は低いでしょう!
精神的にも肉体的にも限界が来る前に転職する事をおススメします。

私の周りにも業務過多が原因で転職した人が何人もいますが、転職した事により、業務過多が無くなった人がほとんどです。

もちろん転職先を慎重に選ぶ必要がありますが、改善する可能性は非常に大きいでしょう。

おススメの転職サイト・転職エージェント

最後におススメの転職サイト・転職エージェントを紹介します。

もちろん全て無料で利用する事が出来ますので上手く活用しましょう!

特におススメなのは転職エージェントに登録し、コンサルタントに直接悩みを相談する事です。

詳しくは下記の記事をご覧ください!

転職・求人サイト!転職エージェントのおススメ!登録するのは5つだけで十分です。 ツィッターアカウント☞@onotakublog. そんな疑問にお答えしていきます。 転職しようと思った時...
あなたのイメージコンサルタント
おのたく
ど〜も!おのたくです。 コミュニケーション能力を上げれば人生は必ず好転する!それを基に日々情報発信をしています。 今までにアパレル販売員→店長→営業→マネージャーと幅広い職種を経験してきました。 今ではマーチャンダイザーとして服作りを行いながらEC事業部の運営、企業の面接官・転職支援活動などマルチに活動しています。 おのたくブログではコミュニケーションを基にしたビジネス論、恋愛、子育ての役立ち情報などを発信しています!
\ Follow me /
あなたにおススメの記事