アパレル

【アパレル志望動機】面接で聞かれた時の答え方を現役の面接官が教えます!

おのたく
おのたく
ど~も!おのたくです。

ツィッターアカウント☞@onotakublog.

この様な疑問にお答えいたします。

その前に私の自己紹介をさせていただきます。

私自身はアパレルに携わって10年以上になります。

今までに、販売員、店長、営業、EC担当と様々な職種を経験しており、現在はマーチャンダイザーとして5年以上服作りに関わっています。

また自社の採用担当も兼任しており、年間50人以上を面接しています

そんな現役の面接官が、あなたの評価を上げる志望動機の答え方を教えます。

おのたく
おのたく
ぜひ最後までご覧ください!

アパレルの面接で志望動機を聞く意味

まず初めに、アパレルの面接ではなぜ志望動機を聞くのでしょうか?

その点を深掘りしましょう。

あなたがどれだけアパレル業界で働きたいか?

まず志望動機を聞く理由としては、あなたがどれだけアパレル業界で働きたいのか?

その本気度を見ています!

企業側としても、アパレル業界で働きたい気持ちが強い人の方が離職率も低いので、採用したいと思っています。

アパレル業界の適性があるか?

また、この質問であなたに適性があるのかを見抜こうとしています。

やはりアパレル業界は何となく入った人は長続きしません。

得意・不得意の差が大きく出てしまう業界です。

その事を面接官は強く意識しているので、適性があるか測ろうとしているのです。

  • 「洋服が好き」
  • 「ファッションを仕事にしたい」
  • 「接客が好き」

 

この様な点がポイントです。

志望動機は2種類ある


また、志望動機と言っても2つの種類があります。

  • アパレル業界への志望動機
  • ブランドへの志望動機

この2つの点を意識する事が大切です。

先ほど述べた、アパレル業界で働きたいという気持ちをアピールする事も大事ですが、それ以上に大事になってくるのが、ブランドへの志望動機です。

ブランドへの志望動機の大事なポイント

おのたく
おのたく
あなたが働きたいと思ったブランド・会社の志望動機は何でしょうか?

アパレル業界だけで無く、それ以上に大事なのがブランドへの志望動機です。

企業側としては、もちろん自分のブランド・会社で働きたいと思ってくれている人を採用したいと考えています。

それには2つの考えがあります。

  • モチベーションが高く、将来的に成長が見込める
  • ブランドイメージと合っているか?

やはり、働きたいブランドで働いている方が、モチベーションも高く、成長性も感じます。

それは労働者・企業側の双方にとってプラスです。

ブランドイメージに合う人材を採用したい

一重にアパレルといっても様々なブランドがあり、それぞれにテイストが全く違います。

カジュアル系からモード系、ハイブランドから大衆ブランド、原宿系にマルキュー系と様々なテイストがあるのがアパレル業界の面白いところです。

ただし企業としては、自分のブランドの世界観を崩したくないので、働くスタッフにもその世界観に合っている人を採用したいと考えています。

おのたく
おのたく
甘いガーリー系のブランドなのに原宿系の店員が働いていたらイメージが崩れてしまいますからね、、

だからこそ、企業側としても

ウチのブランドで働きたい=ブランドイメージに合っている

と考えるので、志望動機が非常に重要になってきます。

 

志望動機を答える時の大事なポイント

おのたく
おのたく
ここからは私が今までに面接をした中で、この志望動機は良かったな〜!逆にそれは良く無いな〜っと感じた、大事なポイントを紹介します。

「アパレル業界で働きたい」だけで終わらない

受験者の中で非常に多くいるパターンが、「服が好きなのでアパレル業界で働きたいです」で終わってしまうパターンです。

これは非常にもったいないです。

先程も述べた様に、アパレルで働きたいというアピールよりも、そのブランドで働きたいという気持ちをアピールする方が評価が上がります。

なぜそのブランド・企業で働きたいのかを明確にする事が大切です。

  • 服のデザインが好き
  • ブランドイメージに憧れている
  • 企業理念に賛同した
  • 時代の先を行っている
  • スタッフの接客が良かった
  • 先輩社員が輝いていた

この様に、様々な志望理由がある中で、あなたが感じているブランドへの志望同期を明確にし、伝えましょう。

 

自分の実体験を盛り込もう

志望動機を語る上で、大事な事の1つにあなたの実体験を織り交ぜて話す事が大切です。

  • 買い物に行くといつも感じの良い接客をされる
  • ウェアリングのコツを教えてくれた
  • そのブランドの服を着ていくと周りから「オシャレだね」って褒められる
  • そのブランドの服が好きで毎シーズンチェックしている

このように、様々な実体験を織り交ぜる事が大切です。

そして、更にステップを上げると、そこにあなたの感情を入れる事が大切です。

例えば、

「買い物に行くといつも感じの良い接客をされる」→買い物に行くといつも温かく、行くだけで楽しい時間を過ごせました。お店のファンになりました!

「ウェアリングのコツを教えてくれた」→ファッションに自信が無かったけど、いつもオシャレのコツを教えてくれてとても嬉しかったし、自信が持てる様になりました。自分もその様な店員になりたい。

このように、あなたの実体験に感情の変化を織り交ぜて話すと効果的です。

接客経験があるならポイントアップ

おのたく
おのたく
あなたに今まで接客経験があるなら、ポイントアップのチャンスです。

接客は誰しもが出来る仕事では無く、適性があります。

人見知りであったり、コミュニケーションが苦手な人には敷居が高いでしょう。

おのたく
おのたく
面接官もこの人には接客業は向いているかな?っと適性を見ています。

だからこそ、志望動機に「今まで接客の経験があり、接客業が好きな為志望しました」と、接客業に対する適性がある事をアピール出来れば、ポイントが上がります。

これはアパレルだけで無く、ファーストフード店、レストラン、雑貨屋、事務の受付など他業種での接客経験でも大丈夫です。

もちろん未経験でも大丈夫

えっ!?じゃあ接客業の経験が無いとマイナス評価になってしまうんですか?
おのたく
おのたく
いいえ、そうはなりませんので大丈夫です。

接客業の経験が無いと不安になるかもしれませんが、未経験でも全く問題ありません。

「今までに経験はありませんが、接客業に興味があります」と接客業に対して肯定的な意見を話せば大丈夫です。

志望動機の履歴書への書き方

志望動機を履歴書に書く時のポイントもあります。

文章を話すのと、文章を書くのでは大事なポイントが変わってきます。

まず結論を書く

まずは結論から書きましょう。

例えば、

「私は貴社のブランドの洋服を長いこと愛用させて頂いています。

先日も店舗を訪れた際に明るい笑顔で店員さんが迎えてくれたのが非常に印象的で、とても嬉しく感じました。

そんな魅力ある貴社で私も働きたいと強く感じました。

私は学生時代に、、、」

この様に、まずは結論(そのブランドで働きたい理由)を持ってきてから、書き出す事で文章にまとまりが出ます。

志望動機に将来の目標も入れよう

志望動機に将来の目標を入れる事も大事です。

志望動機を一通り挙げた後に、

「私は将来的にはVMDとして働きたいと思っています。」

「店長職を極めて、スーパーバイザーとして働きたいと思っています。」

この様に、将来の目標も入れると、面接官の評価も上がります。

おのたく
おのたく
目標を持っている子の方が成長する可能性が大きいですからね!その期待値の分、評価も上がります。

アパレル志望動機の例文

最後に、志望動機の例文をいくつかのパターンに分けて載せますので、参考にしてください。

例文1:接客経験の無い新卒採用の場合

私は学生時代によく、貴社のブランドの洋服を愛用させて頂いていました。
先日も店舗にお伺いさせて頂いた際も、販売員の方に親身に相談にのって頂き、素敵な洋服に出会えることができ、非常に楽しい時間を過ごす事が出来ました。
私も洋服を通してお客様に喜んで頂ける仕事がしたく、また大好きな貴社のブランドの魅力を伝えていきたいと思い、応募いたしました。
私は接客業のお仕事が未経験でありますが、コミュニケーションには自信があります。
「笑顔がいい」「気配りが出来る」と友人から褒められる事も多いです。
魅力溢れる貴社のスタッフの様に、私もお客様に親身になって接客をできるスタッフになりたいです。
アパレルでの経験はありませんが、持ち前の明るさは貴社での接客に活かせると思います。
そして、将来的には店長として、ブランドの魅力をさらに広げていける様になりたいと思います。

 

例文2:社会人・他業種からの転職

新卒から不動産に入社し営業職として働いていましたが、アパレル業界への強い憧れがあり、その想いが忘れられず転職を決意しました。
昔から洋服が好きで、その中でも特に貴社のブランドが好きで、よく愛用させて頂いていました。
貴社のお洋服を着る時は、いつもワクワクし、いつも以上に自信が持てる気がしました。
その様な魅力溢れる貴社のブランドで働き、その魅力をお客様に伝える仕事がしたいと思っています。
アパレルでの経験はありませんが、営業職の経験の中で多くのお客様と関わる経験をしてきました。
その経験を活かし、貴社に貢献していきたいと思います。

 

例文3:アパレル経験有

私は2年間のアパレル販売員の経験があり、前職ではサブ店長として働いていました。
仕事としてはやりがいがあったのですが、以前から貴社のブランドの販売に携わりたいと思っていました。
そんな折に、今回の募集を拝見し、貴社でキャリアアップを目指したく、この度応募させていただきました。
貴社は、他社のブランドにはない独創的な洋服が多く、よく愛用させて頂いていました。
今までの販売知識と経験がありますので、それを活かしながら、貴社では店長職を務められる様に頑張っていきたいと思います。

 

いかがでしたでしょうか?

志望動機を答える際のポイントを押さえて、あなたの思いをアピールしていきましょう。

おのたく
おのたく
なにか分からな事・質問などありましたらツィッターの方まで連絡下さい。いまなら無料で相談に乗ります!

ツィッターアカウント☞@onotakublog.

 

アパレル・ファッション業界の転職エージェントのおススメは3つだけ!現役の面接官が教えます! ツィッターアカウント☞@onotakublog. この様な疑問にお答えいたします。 その前に私の自己紹介をさせて...
アパレルの面接を徹底攻略!現役の面接官が本音教えます! ツィッターアカウント☞@onotakublog. この様な疑問にお答えいたします。 その前に私の自己紹介をさせて...
あなたのイメージコンサルタント
おのたく
ど〜も!おのたくです。 コミュニケーション能力を上げれば人生は必ず好転する!それを基に日々情報発信をしています。 今までにアパレル販売員→店長→営業→マネージャーと幅広い職種を経験してきました。 今ではマーチャンダイザーとして服作りを行いながらEC事業部の運営、企業の面接官・転職支援活動などマルチに活動しています。 おのたくブログではコミュニケーションを基にしたビジネス論、恋愛、子育ての役立ち情報などを発信しています!
\ Follow me /
あなたにおススメの記事