アパレル

【アパレル】デザイナーの仕事内容とは?業界人が本当の現場を教えます!

おのたく
おのたく
ど~も!おのたくです。

ツィッターアカウント☞@onotakublog.

この様な疑問にお答えいたします。

その前に私の自己紹介をさせていただきます。

私自身はアパレルに携わって10年以上になります。

今までに、販売員、店長、営業、EC担当と様々な職種を経験しており、現在はマーチャンダイザーとして5年以上服作りに関わっています。

また自社の採用担当も兼任しており、年間50人以上を面接しています

そんな現役MD(マーチャンダイザー)が、デザイナーの仕事内容、必要な能力、デザイナーの成り方をお教えします!

おのたく
おのたく
ぜひ最後までご覧ください。

デザイナーの仕事内容とは?

エミさん
エミさん
デザイナーって憧れますけど実際にはどんな仕事をしてるんですか?
おのたく
おのたく
ふむふむ、文字通り洋服をデザインする仕事ですけど、けっこう細かい仕事もやっているのがデザイナーです!詳しくみていきましょう!

デザイナーは、イメージを実際に形にしていく存在で、ブランドにとって非常に重要な存在です。

特に MD(マーチャンダイザー)と意見をすり合わせしながら、実際の形に落とし込んでいったり、パタンナーと協力して、洋服のパターンを作り上げていきます。

ただデザイン画を描いて、クリエイティブな仕事をしていれば良いだけで無く、「身幅は何センチで総丈は何センチ、素材はこれで、、」っとかなり細かい仕様までを決める事が仕事です。

実際のデザイナーは想像以上に細かい作業が多い仕事です。

そんなデザイナーの主な仕事内容としては、

  • マーケティングリサーチ
  • 商品企画
  • デザイン画
  • 素材選び
  • 形にする
  • サンプルチェック

この様なものがあります。

それぞれを深掘りしていきましょう。

マーケティングリサーチ

まずデザイナーの仕事として重要なのがリサーチです。

リサーチとは、今年のトレンドや顧客ニーズ、実際のマーケットで売れている情報を集める事です。

おのたく
おのたく
リサーチはデザイナーも行う事が多いですが、MDの方がより深いリサーチを求められます!

リサーチ方法も色々ありまして、まずはコレクションから情報を集めます。

まずは毎年、年に2回世界各国でコレクションが開かれます。

1〜4月と9〜11月に次のシーズンのコレクションが行われ、通称「パリコレ」や「NYコレクション」と呼ばれるものです。

このコレクションから次のシーズンに流行る素材やデティール、色などを予測します。

実際に店舗を訪れる

その他のリサーチ方法としては、期中に実際に色んな店舗を歩いて見て回ります。

競合で売れているもの、打ち出しを強化しているもの、新しい素材・色などをリサーチし、自分のブランドに落とし込みます。

特に、1月10日以降はセールも落ち着き、新しい春物が立ち上がる時期ですし、8月20日以降は市場に秋物が多くなってくる時期です。

そういった時期に、いかに早く今年のトレンドを探していくかが大事になります。

おのたく
おのたく
実際に商品を触って素材感を確かめる事も非常に重要です。

ネットを使ってリサーチも

また、その他にもネットから情報収集する事もあります。

各種コレクションの様子や、実際のシーズン前になると、競合がこぞって展示会の様子をアップしたり、次のシーズンの情報発信をしてくるので、SNS等から情報を集めます。

また、通販サイトの売れ筋ランキングなどもチェックしています。

この様に幅広く情報収集を行います。

商品企画

リサーチで得た情報を基に、次は商品企画を行います。

ディレクターやMDと話し合い、お互いの意見をぶつけ合います。

おのたく
おのたく
MDとデザイナーで意見が割れぶつかる事もしょっちゅうです、、

そうして、作る商品を具体的にしていきます。

デザイン画

意見がまとまったら、それをデザイナーはデザイン画にまとめていきます。

そして、それを基にもう一度MDと話し合い、本当に必要な商品なのか、検討します。

おのたく
おのたく
デザイナーは一個一個の洋服を突き詰めていき、 MDは全体の商品構成のバランスを考えていきます。

素材選び

素材選びも重要なポイントです。

商品化が決まった洋服に1番適している素材は何かを決めていきます。

ジャケットを作るの、生地はコーデュロイか、ウールか、スウェードか?など、素材によって服の印象が大きく変わりますし、伸縮性や生地の硬さによって縫製の仕方が変わってきます。

また、生地によって生地値が全く違う為に、コストが大幅に変わってしまいます。

そういった事を加味しながら素材を選んでいきます!

おのたく
おのたく
現実問題として、良い生地があるけど、それを使うとコストが高くなり、結果販売価格が上がってしまうので違う生地を選ぶというのは、は良くある事です。

実際に形にしていく

しっかりと構想が決まったら実際の形にしていきます。

形にしていく方法は様々です。

型紙を作って、パタンナーとともに細部を詰め、立体化していくこともありますし、何度も付き合いがあり、信頼できる工場とは、

「身幅・・・何センチ」

「総丈・・・何センチ」

「襟の前下がり・・・何センチ」

と細かくサイズ指示だけで、サンプルを上げてくれます。

本的には取引先に仕様書や、使いたい生地情報を送ることによって、1度サンプルを送ってもらい、それでオッケーなら本生産に移る感じです。

サンプル確認

サンプル依頼をして、サンプルが上がってきたらチェックをします。

こちらの指示通りに上がっているのか?

縫製は汚くないか?修正する箇所はないのか?期待通りの形に上がっているのか?などをチェックします。

修正点があれば、修正箇所を伝え、本生産に移ります。

おのたく
おのたく
サンプルを上げた段階で、コストが合わなかったり、思っていた様に上がらなかったりで、ボツになる事もあります。

 

デザイナーに必要な能力

デザイナーに必要な能力としては、以下の物が重要になってきます。

  • リサーチ力
  • 幅広い知識と経験
  • 自分の意見を言う力
  • イラストレーターやフォトショップの技術
エミさん
エミさん
えっ、デザイナーにセンスは必要無いんですか?
おのたく
おのたく
ある程度は必要ですが、それよりもリサーチ力が必要です。これには訳があります。

アパレルデザイナーには2種類ある

デザイナーには2つの種類があります。

それは

プロダクトアウトのデザイナーとマーケットインのデザイナーです。

プロダクトアウトとは、デザイナーが良いと思った物を作り、デザイナーの世界観を打ち出し、それに共感した人に洋服を買ってもらうパターンです。

大勢に売るというよりは、少数の顧客様に売るイメージです!

その為、価格帯が高くなる事が多く、デザイナーの影響力が必要です。

おのたく
おのたく
もとから影響力のある、有名人やインフルエンサーをデザイナーとして起用する事も多いです。

 

 

マーケットインとは、逆に市場で売れる物、お客様が欲しがっているものを調べ、それに合わせて商品を企画する事です。

プロダクトアウトよりも幅広い層のお客様に向けて商品を作り、価格帯も安めに設定されています!

この2つのタイプはブランドの方向性によって変わってきますが、圧倒的にマーケットイン型のブランドの方が多く、プロダクトアウトはごく一部です。

おのたく
おのたく
20年前位まではプロダクトアウト型こそがファッションというイメージでしたが、ファストファッション・ユニクロの台頭とともにマーケットイン型が主流になってきています!

マーケットイン型ではリサーチ力が大事

マーケットイン型のデザイナーに求められるのは、お客様が求めているものを作る事です。

デザイナーがどんなにお洒落で自信の持てる服を作ったとしても、デザイナーの1人よがりになってしまい、売れない服になってしまいます。

そうならない為にも、リサーチし、お客様が本当に欲しているものを、お客様の気持ちになって考える事が大事です。

その為、センス以上にお客様が欲している物を見つけるリサーチ力が大事になってきます。

デザイナーには知識と経験が必要

デザイナーは専門職の為に、洋服に対する幅広い知識と経験が非常に重要になってきます。

生地ひとつをとっても、Tシャツにはポリエステル、レーヨン、ポリウレタン、綿などの繊維が使われるのですが、カジュアルに行くには綿の混率が高い生地を使ったり、キレイ目のラインを出すにはレーヨンが混ざった生地を使ったりと、素材に対する知識が求められます。

また、縫製の知識も大事で、どうやったらキレイなラインが出るのか?

どうやったら動きやすく出来るのか?などの知識が大事になります。

やはりこういった知識は経験の中で蓄積されていきます。

色んな素材や色んなパターンで洋服を作る事によって、沢山の失敗もするでしょう!

でもそういった経験を積む事によって、デザイナーは成長していきます。

デザイナーは自分の意見を言う事も大事

性格が控え目なデザイナーだと、MDの指示に従って作っているだけとなってしまい、それだと実は良くありません!

MDは立場上数字の責任も持っている為に、いかに安く作り、利益を上げるかを考えてしまっています。

その為、洋服の可愛いポイントをコストカットの為に、削ってしまい、商品の質が落ちる事になりかねません。

そうならない為にも、デザイナーの方が、縫製や生地の知識が深いのが一般的ですので、デザイナーがしっかりと自分の意見を述べ、MDの意見とのちょうど良い落としどころを見つける事が大事です。

おのたく
おのたく
MDとしては、どうしてもコスト重視の考え方になってしまうので、デザイナーの洋服に対する意見は非常に重要になってきます!

イラストレーターやフォトショップの技術も必要

細かい事を言うと、Adobeのイラストレーターやフォトショップの技術も必要です。

特にイラストレーターで、構想している洋服を絵型にしたり、生地の柄を作ったりします。

自分の考えを具現化するツールとして、イラストレーターは一通り使える技術力が必要です。

エミさん
エミさん
イラレは使った事無いです、、
おのたく
おのたく
Adobeのソフトは結構高いですからね!なかなか使い辛いですよね、、

デザイナーになるには?

エミさん
エミさん
やっぱり私はデザイナーになりたいんですけどどうやったらなれますか?
おのたく
おのたく
いくつかのパターンがありますので、紹介しましょう!

1番は服飾の学校を出る事

デザイナーは専門的な知識が必要な為に、服飾の学校でちゃんと勉強する事が1番です。

企業の新卒採用でも、デザイナーやパタンナー職の求人は服飾学校卒業者に限定していたりと、専門的な知識が求められます。

おのたく
おのたく
MDとしては、どうしてもコスト重視の考え方になってしまうので、デザイナーの洋服に対する意見は非常に重要になってきます!やはり実際の現場でも、専門的な知識が無いと仕事に付いていけない為に、デザイナーになりたかったら勉強必須です。

服飾学校を出たわけじゃないけどデザイナーになりたい!

エミさん
エミさん
私服飾の学校を出てないんですけど、どうしてもデザイナーになりたいんです!!無理ですか?
おのたく
おのたく
熱い思いが良いですね〜!ハードルは高くなりますが、未経験からでもデザイナーになる方法はあります!

未経験からでも、デザイナーになれないわけではありません。

実際に私の知り合いでも未経験からでもデザイナーになった方もいます。

ではどうやってデザイナーになったのか?それは、、

 

 

転職エージェントを使い、未経験からでもOKな求人を紹介してもらう事です!

ファッション・アパレル業界の【クリーデンス】会員募集 ・・・こういった転職エージェントなら、未経験からでもデザイナーやデザイナーアシスタントの求人が多くありますので、そこから転職する事もできます。

ただし、大企業や有名ブランドの未経験からのデザイナー求人はほとんど無く、中小企業のデザイナー案件が多いのが、現実です。

どうしても働きたいブランドや、大企業のデザイナーになりたいのなら、1度中小企業のデザイナーとして、実績と経験を積みましょう!

2~3年デザイナーとしての経験を積めば、知識も付きますし、大企業のデザイナーの募集要項の条件を満たす事ができます!

そうして、未経験からでもキャリアアップして、憧れのブランドのデザイナーになる事も夢ではありません!

おのたく
おのたく
もちろん、キャリアアップする為にはしっかりと勉強して、実力をつける必要があります!

転職エージェントに関して詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください!

アパレル・ファッション業界の転職エージェントのおススメは3つだけ!現役の面接官が教えます! ツィッターアカウント☞@onotakublog. この様な疑問にお答えいたします。 その前に私の自己紹介をさせて...

 

いかがでしたでしょうか?

少しでもデザイナーの仕事内容が分かり、デザイナーを目指したいと思ってくれている人がいたら、非常に嬉しいです!

おのたく
おのたく
なにか分からな事・質問などありましたらツィッターの方まで連絡下さい。いまなら無料で相談に乗ります!

ツィッターアカウント☞@onotakublog.

 

 

あなたのイメージコンサルタント
おのたく
ど〜も!おのたくです。 コミュニケーション能力を上げれば人生は必ず好転する!それを基に日々情報発信をしています。 今までにアパレル販売員→店長→営業→マネージャーと幅広い職種を経験してきました。 今ではマーチャンダイザーとして服作りを行いながらEC事業部の運営、企業の面接官・転職支援活動などマルチに活動しています。 おのたくブログではコミュニケーションを基にしたビジネス論、恋愛、子育ての役立ち情報などを発信しています!
\ Follow me /
あなたにおススメの記事