アパレル

アパレルの営業職とはどんな仕事内容?→経験者が給料や転職方法まで紹介!

おのたく
おのたく
ど~も!おのたくです。

ツィッターアカウント☞@onotakublog.

この様な疑問にお答えします。

アパレルで働きたいけどずっと販売員として働くのはちょっと、、。本部の営業として働きたいけどどんな仕事なの?」

この様に思っている人の為に、アパレルの営業の仕事内容・給料・向いてる人・転職方法を紹介します。

その前に自己紹介をさせて頂きます。

おのたくの自己紹介

私自身はアパレルに携わって10年以上になります。

今までに、販売員、店長、営業、EC担当と様々な職種を経験しており、現在はマーチャンダイザーとして5年以上服作りに関わっています。

アパレル営業としては3年以上経験してきました。

そんな私がアパレル営業の実態を教えます!

なかなか経験者が話す記事は無いと思いますので、是非最後までご覧ください。

アパレルの営業職の仕事内容

ではさっそく営業の仕事内容を見ていきましょう。

まずアパレルの営業と言っても、2つのパターンがあります。

  • 店舗を持っているブランドの営業
  • メーカーの営業

この2つがあります。

ブランドの営業とは、例えばユニクロやビームスなどのお客様に店舗で直接販売しているタイプです。

メーカーの営業はそんなブランドに直接商品を卸す営業です。つまり販売先は一般の消費者ではなく企業です。

 

ブランドの営業の仕事内容は?

おのたく
おのたく
ちなみに私がやっていたのはこっちの営業です。

ブランド営業の仕事内容としては色々ありますが、

担当店の売り上げを上げるのが目標です。

その為に下記の様な事をしています。

  • 店舗の在庫管理
  • VMD
  • スタッフの管理
  • トラブル対応

この様な仕事内容になっています。

ちなみにVMDとはヴィジュアルマーチャンダイジングの事で、簡単に言うと「商品をどの様にお店に陳列して見せるか?」の事です。

売上を上げる為に商品の在庫を確保し、それを売っていくだけのシフトを組み、VMD(商品をどの様に陳列するか?)を考えます。

つまり「人(スタッフ)・物(商品)・器(お店)」を全て管理する責任を持つのが営業です。

メーカーの営業の仕事内容

メーカーの営業の場合は仕事内容が大きく変わります。

まず、お客様が一般の消費者ではなく企業相手になります。

メーカーの営業の仕事内容はいかに自社で企画した商品を買ってもらうかです。

メーカーではデザイナーやディレクターを中心に商品を企画しています。
また売れる生地は大量に作り、それを使って商品を作りませんか?とアパレルブランドのMDやバイヤーに営業します。

この様に、メーカーの営業の場合はいかにアパレルブランドにに自社の商品をまとめて納品する事が出来るかが大事なポイントです。

その為に、各ブランドのMDやバイヤーと商談し、自社の商品を売り込むのが仕事です。

 

アパレル営業は労働条件が悪い

アパレル営業として働きたいと思っていても、気になるのは労働条件ですよね!

フクイ君
フクイ君
アパレルってブラック企業が多いって聞くけど営業もブラックが多いんですか?

これに答えるとすると、アパレルは比較的ブラック企業が多い業界です。

労働時間も朝は8時半から夜は11時位まで働く事があったりと、ブラック体質なのは否めません。

しかし働き方改革で変わってきている

社会情勢的にもブラック企業には人が集まらなくなってきているのもあって、ここ3年位でアパレル業界もクリーンになりつつあります。

ちなみにウチの会社も大きく変わりました。

5年前までは残業が当たり前でしたが、最近ではほとんどありません。
月に5時間以内です。

ただ、まだブラック企業が残っているのも事実です。特に中小企業に!

そういった会社に入らない様に注意しましょう。

  • アパレルはブラック企業が多かった
  • 最近はだいぶ減ったがまだ残っているのも事実

アパレル営業職の給料はどれくらい?

出典:クリーデンス

こちらの表を見てもらえばわかる様に、アパレルの中でも営業職は比較的給料が高くなります。

おのたく
おのたく
販売員と比べると大きな差がある為に、アパレル業界で働くなら営業以上の給料は目指したいですね!

 

アパレルの営業に向いている人は?

続いてはアパレルの営業に向いている人の特徴を見ていきましょう。

営業をやるのに圧倒的に大事な事が2つあります。

これはブランドの営業、メーカーの営業の両方に当てはまる事です。

アパレル営業に向いてる人の特徴

  • コミュニケーション能力が高い
  • 洋服が好き

この2つが大事です。

むしろこの要素が無いと仕事が長く続かないでしょう。

 

営業にはコミュニケーション能力が大事

むしろ1番大事な要素がコミュニケーション能力です。

ブランドの営業マンにおいては本部の考えをお店に落とし込むのにコミュニケーション能力が必須ですし、スタッフのモチベーションを上げるのにも欠かせません。

メーカーの営業においても、取引先との信頼関係を築くのにコミュニケーション能力が欠かせないのは周知の事実でしょう。

 

洋服好きも大事な要素

取り扱っているのが洋服な為に、当たり前ですが洋服好きな方が圧倒的に有利です。

ファッション業界では、オシャレな人の方が信頼を得られますし、話しに説得力が出ます。

また、好きな事を仕事にしている方が働いていて楽しいですし、自然と学習意欲も高くなりますからね。

 

  • アパレル営業はコミュニケーション能力が1番大事
  • 洋服好きな方が有利

 

アパレル営業になる方法

最後にアパレル営業になる為の方法を見ていきましょう。

大きく分けると2つの方法があります。

アパレル営業になる為の方法

  • 販売員からの出世を目指す
  • 営業職に転職

それぞれを深掘りしていきましょう。

 

販売員から営業を目指そう

これはブランドの営業の場合です。

最初は販売員として働き、そのあとに店長職を経験してから本部の営業になるパターンです。

おのたく
おのたく
ちなみに私もこのパターンで営業になりました。

ブランドの営業の場合は、いきなり営業職になっても上手くいきません。

販売員、店長を経験して、アパレルの流通の流れやスタッフ教育の仕方を学んでからで無いと厳しいでしょう。

 

転職で営業を目指す!

転職で営業を目指す事も出来ますが、アパレル自体未経験ですと難しいかもしれません。

メーカーの営業なら求人も無い事はありませんが、数は少ないでしょう。

販売員でも経験していると、なれる確率は一気に上がります。

経験者の方が優遇されますし、特に店長職を経験していると強いアピールポイントになります。

むしろ将来的に考えてずっと販売員をしているのは体力的にも金銭的にも厳しい部分があると思います。

販売員としてある程度キャリアを積んだなら、ぜひステップアップとして営業を目指して欲しいです。

 

おススメの転職サイト・エージェント

アパレルで営業職を探すならアパレル専門の転職エージェントを利用しましょう。

アパレルでおススメの転職エージェント

この3つの転職エージェントに登録するだけでも相当数のアパレル求人があります。

もちろん全て無料で使えます。
まずは転職エージェントに登録して、求人を探すところから始めましょう。

 

アパレル・ファッション業界の転職エージェントのおススメは3つだけ!現役の面接官が教えます!

 

おのたく
おのたく
なにか分からな事・質問などありましたらツィッターの方まで連絡下さい。いまなら何でも相談に乗ります!

ツィッターアカウント☞@onotakublog.

 

あなたのイメージコンサルタント
おのたく
ど〜も!おのたくです。 コミュニケーション能力を上げれば人生は必ず好転する!それを基に日々情報発信をしています。 今までにアパレル販売員→店長→営業→マネージャーと幅広い職種を経験してきました。 今ではマーチャンダイザーとして服作りを行いながらEC事業部の運営、企業の面接官・転職支援活動などマルチに活動しています。 おのたくブログではコミュニケーションを基にしたビジネス論、恋愛、子育ての役立ち情報などを発信しています!
\ Follow me /
あなたにおススメの記事