アパレル

【アパレル】マーチャンダイザーになるには?現役のMDが3つの方法を教えます。

おのたく
おのたく
ど~も!おのたくです。

ツィッターアカウント☞@onotakublog.

この様な疑問にお答えいたします。

その前に私の自己紹介をさせていただきます。

私自身はアパレルに携わって10年以上になります。

今までに、販売員、店長、営業、EC担当と様々な職種を経験しており、現在はマーチャンダイザーとして5年以上服作りに関わっています。

また自社の採用担当も兼任しており、年間50人以上を面接しています

そんな現役MDが、マーチャンダイザーになる方法を教えます!

おのたく
おのたく
ぜひ最後までご覧ください。

 

マーチャンダイザーになる3つの方法

では具体的に、マーチャンダイザーになる方法を見ていきましょう!

大きく分けて3つの方法があります。

  1. 新卒でアパレル総合職に就職
  2. 新卒で販売員採用からステップアップを目指す
  3. 転職でキャリアアップを目指す

それぞれを深掘りしていきましょう!

 

新卒でアパレル総合職に就職

エリートコースとしては、新卒採用でアパレルの総合職に就職し、そこで経験を積んで、何年後かにマーチャンダイザーになる方法です。

この方法はかなり狭き門ですので、なれなくても大丈夫です。

アパレルの中でも大企業は、新卒採用の段階で、総合職と販売職を分けて採用しており、総合職だったらずっとMDや営業、バイヤーなどの専門職に就き、販売員はずっと販売職という風に分かれています。

その為に、一度販売員になるとずっと販売員の為にマーチャンダイザーになる事が出来ません。

総合職自体の求人も少ないので、かなり狭き門でしょう!

 

新卒で販売員採用からステップアップを目指す

中小企業ですと、総合職と販売職が分かれておらず、全員が販売からスタートし、その後にマーチャンダイザーやバイヤープレスなどの専門職になるパターンが多いです。

私もこのパターンです。最初は店舗で販売員をし、1年位で店長になりました。その後3年ほど店長を経験した後に、一度営業をやり、その後に晴れてマーチャンダイザーになりました!

こちらですと、間口が広い分、可能性が広がります!

まずは、販売員として経験を積み、店長を目指しましょう!

店長を1度経験しておくと、アパレル業界の流れがより深く学べますし、VMD(ヴィジュアルマーチャンダイジング)の勉強もできます!
ここら辺の知識はマーチャンダイザーに必須の知識でしょう!

そして、店長になった後は結果を残す為に努力する事と、本部に自分をどんどんアピールしていく事です。

ちなみに結果とは売上の事です。

アパレルといえど、評価基準は売上がとれているか?予算は達成しているかで判断されます。

また、本部に自分をアピールする事も非常に重要です。

これは非常に効果的な手段ですがやっている人はほとんどいないでしょう!

ですので、あなたがやるだけで周りと差別化を図る事ができますし、あなたの評価を上げる事ができます!

部長やディレクター、社長などの人事権のある人に、あなたがマーチャンダイザーになりたい旨を伝えましょう!

それも一度だけで無く、何度も伝える事が大事です。

あなたの能力をアピール出来るレポートや、競合の調査レポート、自店の課題レポートなども一緒に提出すると、更にポイントアップになるでしょう!

ちなみに私は会長にアピールしていました!何度も競合の調査レポートを提出し、結果MDになる事が出来ました!

 

転職でマーチャンダイザーにキャリアアップを目指す

「転職でマーチャンダイザーの求人ってあるの?」

って思うかもしれませんが、実は多いんです。

アパレル業界は他の業界に比べ、人材が流動的な為に、転職によってキャリアアップしていく人が多いのが現実です。

私の知り合いでも、販売員から転職してマーチャンダイザーになった人が何人もいます!

そういった人達は、マーチャンダイザーやバイヤー、デザイナーなどの求人を数多く扱っている転職エージェントを活用しています!

転職エージェントだとコンサルタントと会うのが嫌だな〜っと思う方も多いかも知れませんが、それは非常にもったいないです。

非公開求人からアパレル専門職の求人数、おススメの案件など、転職エージェントの方が得られる情報が多いですし、各種研修も行なっています。

転職するなら、転職サイトなどよりも転職エージェントを使った方が上手くいくでしょう。

ちなみにおススメの転職エージェントは以下の3つです。

もちろん全て無料で使う事が出来ます!

ですので、アパレル業界で転職を考えているのなら、以下の3つの転職エージェントで十分です。

この3つの転職サイトに登録するだけでも相当数のアパレル求人があります。

アパレル業界の専門職の求人が多い転職エージェントですので、まずはこの3つを無料登録する事をおススメします!

詳しくは下記の記事を参考にしてください。

アパレル・ファッション業界の転職エージェントのおススメは3つだけ!現役の面接官が教えます! ツィッターアカウント☞@onotakublog. この様な疑問にお答えいたします。 その前に私の自己紹介をさせて...

 

マーチャンダイザーをおススメする理由

最後に、私がなぜマーチャンダイザー職をおススメするのかというと、以下のポイントがあります。

  • 1度MD経験を積めば仕事に困らない
  • アパレル業の中で給料が良い
  • やり甲斐がある

やはり、この3つの要素は非常に大きいと思います。

それぞれを深掘りしていきましょう。

1度MD経験を積めば仕事に困らない

まず、メリットとして大きいのが、1度MD経験を積めば、その経験を評価してくれる人がたくさんいます。

アパレル業界の人手不足は、本部の専門職にも広がっています。

その為に、即戦力となる、MD経験者は非常に重宝されます。

特に3年以上の経験があれば、MDとしてのステップアップ転職も狙えるでしょう!

まさに手に職ですね!

また、能力的にも

  • マネジメント力
  • 交渉力
  • 数値管理能力
  • コミュニケーション能力

などと、他業種でも活かせる能力を学ぶ事が出来るのも大きなメリットです。

アパレル業界の中で給料が良い

マーチャンダイザーはアパレル業界の役職の中ではもっとも給料が良い役職でしょう!

それだけ責任の重い役職ではありますが、販売員時代よりも給料が良くなる事は確実でしょう。

マーチャンダイザーの平均年収は400万ほどですが、10年以上の経験者の平均値は600万円と、将来性があります。

マーチャンダイザーはやり甲斐の塊

マーチャンダイザーはやり甲斐がありますよー!

これは実際にやっていて非常に感じる部分ですが、マーチャンダイザーはやり甲斐のある仕事です!

自分の能力次第で売上が大きく変わってきますし、自分の仕事の結果がそのまま数字となって現れます。

責任感も大きいですが、与えられた裁量も大きいです!

自分の判断で何千万というお金を動かすのはシビれます!

与えられた仕事だけをやって、給料もそこそこで良いと思う人には向きません。

ただ、出世したい!自分の仕事の枠を広げたい!責任感のある仕事をしたい!という人にこそおススメの職種です。

 

 

いかがでしたでしょうか?

この記事が少しでもあなたの参考になったのなら幸いです。

ぜひマーチャンダイザーを目指し、一緒にアパレル業界を盛り上げていきましょう!

おのたく
おのたく
なにか分からな事・質問などありましたらツィッターの方まで連絡下さい。いまなら無料で相談に乗ります!

ツィッターアカウント☞@onotakublog.

あなたのイメージコンサルタント
おのたく
ど〜も!おのたくです。 コミュニケーション能力を上げれば人生は必ず好転する!それを基に日々情報発信をしています。 今までにアパレル販売員→店長→営業→マネージャーと幅広い職種を経験してきました。 今ではマーチャンダイザーとして服作りを行いながらEC事業部の運営、企業の面接官・転職支援活動などマルチに活動しています。 おのたくブログではコミュニケーションを基にしたビジネス論、恋愛、子育ての役立ち情報などを発信しています!
\ Follow me /
あなたにおススメの記事