アパレル

アパレルのバイトってきつい?店員がすぐに辞めていく本音を教えます!

おのたく
おのたく
ど~も!おのたくです。

ツィッターアカウント☞@onotakublog.

この様な疑問にお答えいたします。

その前に私の自己紹介をさせていただきます。

私自身はアパレルに携わって10年以上になります。

今までに、販売員、店長、営業、EC担当と様々な職種を経験しており、現在はマーチャンダイザーとして5年以上服作りに関わっています。

また自社の採用担当も兼任しており、年間50人以上を面接しています

そんな現役の面接官が、アパレルバイトの実態を紹介します。

先に結論を言ってしまうと、アパレルのバイトをキツイと感じるかはあなたと環境次第です。

服・接客好きの人にはキツイと感じる事は少なく、服に興味が無い・人と話すのが苦手という人には非常にキツイ仕事でしょう!

また、働くブランドによっても仕事量・ノルマ・人間関係などが大幅に違うので、環境も大事です。

おのたく
おのたく
ぜひ最後までご覧ください。

 

アパレルバイトのキツイ実態

アパレルのバイトでキツイと感じる部分がいくつかあります。

それを詳しく見ていきましょう。

接客が1番の仕事

まずアパレルの販売員の仕事として、1番メインになってくるのが接客です。

お客様とコミュニケーションを取り、洋服を提案するわけですが、コミュニケーションが苦手な人、人見知りの人にはそれがキツイと感じるでしょう!

飲食店やファーストフード店の様に、注文とレジだけとは違い、販売員はもっと深いコミュニケーションを取る必要があります。

また、販売員側からお客様に話しかけにいくので、嫌がられる事もあるでしょう。

そういったコミュニケーションが苦手な人にはアパレルはキツイと感じる部分です。

おのたく
おのたく
最初はお客様にシカトされる事も多く、ショックですね〜、、

ただ、服は好きだけど接客は苦手って方は接客の無いアパレルバイトもあります。

ユニクロ・GUやZARAなどの大型店舗は接客よりも、品出しやレジ打ちがメインですので、そういったブランドを選ぶのも大事です。

意外と体力勝負

華やかなアパレル業界ですが、実は体力も大事です。

1日立ちっぱなしですし、土日やセール期などは目まぐるしい忙しさです。

接客しながら店頭をたたみ直したり、在庫も大量に納品されると大急ぎで検品したりと大変です。

特に女性ですと、ブランドによってはヒール着用義務があるところもありますので、足が痛い問題が発生します。

おのたく
おのたく
華やかなイメージが先行してるアパレルですが、実際は体力的にキツくて辞めるパターンも多いです。

 

店頭で着用する服は自分で買う

ブランドによっても変わってきますが、店頭で着る服は自分で買わないといけないブランドが多いです。

一応どのブランドにも社員割引制度という物があって20〜60%オフで洋服を買う事が出来ます。

しかし、在庫が切れたら買い換えなきゃいけなかったり、毎シーズン買い換えが発生するので、その分の自己負担がキツくて辞めていくパターンも多いです。

おのたく
おのたく
ブランドによっては月に1〜2万円近く自己負担になる所も多いです。

 

売上の事を言われる

店長はお客様の事よりも売上の事ばっかり言ってくるんです、、
おのたく
おのたく
あるあるですね。店長は売上の責任も負っているので、どうしても売上中心で考えてしまいます。

アパレルも一事業である事からもちろん売上を上げる事を求められます。

そして例えアルバイトであっても、売上のプレッシャーはついてまわります。

とくに、1人1人の個人売り上げを集計している所ですと、どんなにお客様に対して良い接客が出来たとしても、結果として数字が取れていないと怒られる事もあります。

売上が取れない、前年の数字を大幅に割ってしまっている、そういった事が原因で店長の機嫌が悪くなり、お店の空気が悪くなる事は良くある事です。

 

人間関係

辞めていく原因として1番多いのが人間関係の部分です。

こればっかりは実際に働いてみないとわからない部分で、店舗の人間関係が嫌でやめていくパターンは本当に多いです。

  • 店長の言い方が理不尽
  • 何も教えてもらえない
  • イジメがある
  • 売上が悪いと嫌味ばっかり言われる
  • 自分ばっかりにキツイ仕事を指示される
  • 歴の長い先輩が、全然働かないのに偉そうに指示してくる

この様に、人間関係の悩みは色々な問題があります。

 

ただそれを上司に相談すると、

「仕事なんだから人間関係くらい我慢しろ!」

「あなたが人間関係を悪くする原因を作っているんじゃない?」

この様な事を言われるケースも非常に多いです。

 

ただ私の意見としては、人間関係の問題は非常に深い問題で、簡単に解決できる問題ではありません。

そういった際は転職するのもありです。

無理して辛い環境で働くよりは、環境を変えれば問題が解決する事も多いです。

ウチの会社にも「前の職場の人間関係が嫌で転職したいです。」と言って面接を受けにくる子も多いです。

おのたく
おのたく
そういった子が、元気に働いている姿を見ると嬉しくなるものです!

 

アパレルのバイトのメリット

では逆に、アパレバイトのメリットを見ていきましょう!

コミュニケーション能力が上がる

まず何と言ってもあなたのコミュニケーションスキルが向上します。

アパレルは最高の接客業です。

毎日お客様との接客を通してコミュニケーションスキルを学んでいく事になるので、しっかり努力した人は、必ずコミュニケーションスキルも上達します。

そして、コミュニケーションスキルは他の仕事やあなたのプライベートシーンでも必ず役に立つスキルです。

アパレルバイトを通して学んでおく事も有意義でしょう!

洋服好きには楽しい

アパレルは洋服好きにはたまらない職場でしょう!

特にあなたの好きなブランドで働く事は非常にワクワクする事だと思います。

シーズンの変わり目に新規の商品が大量に入ってきたり、好きな洋服に囲まれて仕事をする事は楽しいものです。

おのたく
おのたく
私も入社当初は店頭に立つだけでワクワクしたものです!

 

気の合う仲間が出来る

幅広い年齢層が働いている職場と違い、アパレル店舗の場合は年齢層や価値観が近い人が集まりやすいです。

その為、気の合う仲間が出来る可能性が高いです。

仕事終わりに飲みに行ったり、休みの日に遊びにいったりと、公私ともに仲良くなれるのがアパレルの楽しい点でもあります。

服を安く買える

店頭で着る服は自分で買わなきゃいけない反面、新作の服でも安く買う事が出来るのがアパレルの魅力でもあります。

あなたの好きなブランドの服が常に割引で買えるのは大きなメリットでしょう!

おのたく
おのたく
入りたての頃は安く買えるからといって、ついつい買い過ぎてしまうものです!

 

派遣を使えば時給が良い

時給が低いと言われるアパレルバイトも最近は最低賃金が上昇した事もあり、時給が上がってきています。

しかし、それでもなおもっと稼げる働き方があります。

それが派遣です!

派遣会社を通して働く事により、直接そのブラントでバイトするよりも時給が300円~500円上がる事がほとんどです。

シフトも融通が効く所が多く、非常に働きやすくなっています。

 

アパレル業界は慢性的な人手不足の為に、どこのブランドも人手が欲しい状況が続いています。

ですので、多少時給が高くても派遣から人を入れたい企業が多いのです。

今はバイトをしているけど、「もっと時給を上げて欲しい~」っという方は派遣に切り替えるのが1番です。

バイトですと、1年頑張っても50円上がるのがいっぱいいっぱいでしょう!

アパレル派遣・バイトのおススメサイト

では実際にアパレルの派遣・バイトを探すのにどうしたら良いのか?

1番簡単なのはサイトから探す事です。

アパレルで派遣を探すなら

派遣の場合のおススメは以下の3つがおススメです。

アパレルの派遣を探すならこの3つで十分過ぎるでしょう。

探しきれない位の求人数がありますし、もちろん全て無料で利用できますので、担当の方に色々と相談したり、あなたの要望をぶつけてみましょう!

 

アパレルでバイトを探すなら

バイトで良いや〜っという方は以下のサイトから探すのがおススメです。

全て名前を聞いた事がある大手ですね!

この中から検索機能を使ってあなたの条件に合うバイトを探しましょう!

 

もっと詳しく知りたい人は、下記の記事を参考にしてください。

アパレルでバイトしたい?おススメの求人サイトと気を付けるポイントを紹介! ツィッターアカウント☞@onotakublog. この様な疑問にお答えいたします。 その前に私の自己紹介をさせて...

 

おのたく
おのたく
なにか分からな事・質問などありましたらツィッターの方まで連絡下さい。いまなら無料で相談に乗ります!

ツィッターアカウント☞@onotakublog.

あなたのイメージコンサルタント
おのたく
ど〜も!おのたくです。 コミュニケーション能力を上げれば人生は必ず好転する!それを基に日々情報発信をしています。 今までにアパレル販売員→店長→営業→マネージャーと幅広い職種を経験してきました。 今ではマーチャンダイザーとして服作りを行いながらEC事業部の運営、企業の面接官・転職支援活動などマルチに活動しています。 おのたくブログではコミュニケーションを基にしたビジネス論、恋愛、子育ての役立ち情報などを発信しています!
\ Follow me /
あなたにおススメの記事